« ★★ちョコッと!!頭の隅にでも2 ・・・ 太陽がてんびん座の時に | トップページ | ★★ちョコッと!!頭の隅にでも2 ・・・ 虹かくれて見えず »

★★ちョコッと!!頭の隅にでも2 ・・・ コオロギ鳴く

Photo_2

寒露/末候 蟋蟀在戸 (きりぎりすとにあり)

キリギリスが戸口で鳴く

古くはキリギリスと言われていた、蟋蟀(コオロギ)。

中世以前ではセミをも含むあらゆる鳴く昆虫を指していたようです。

雄が美しい声で鳴く。

 

 10月の誕生花の一つ、チトニア(メキシコヒマワリ)は、

古代アステカ帝国の国花だったと言われています。


チトニアは、ギリシャ神話に出てくる美しい若者ティトヌス(Tithonus)の名前が由来。


パエトン(輝かしき者)、ラムトス(光)の二頭が引く馬車に乗り、太陽神ヘリオスよりも早く
空に駆け登る、暁の女神エオスに愛されたティトヌスは、永遠の命を授かりながらも、永遠の若さを授からなかった。


美しかったティトヌスは死ぬ事も無く年老いた。

その姿を見ることに耐えられなくなったエオスによって幽閉され、とうとうコオロギになってしまう。


深い悲しみにくれたエオスの毎日流す涙が、朝露となったと言われています。

 

 チトニアの花言葉 あなたは美しい


Photo_3

エオスは、呪いをかけられたことで、人間の男性と恋を繰り返す。

エオスの悲しみとは・・・

 

愛に対する飢えの方が、パンに対する飢えを取り除くことよりも、はるかに難しい。

そして、最も悲惨な貧困とは孤独であり、愛されていないと感じること。

マザーテレサの言葉を思った・・・

 

★☆★ ★☆★

Photo_4

 

【泣く】 声をたてず、涙を流してなく。しゃくりあげてなく。

 

【鳴く】 鳥・獣などが声を出す。鳥・獣の鳴き声。人のなき声やうめき声。物が音を出す。

 

【啼く】 次々と声を出して続けてなく。人にも鳥獣にも用いる。(つられるように一斉になきだす感じ)


【哭く】 大声をあげてなく。

 

 

虫   八木重吉

 

虫が鳴いてる

いま ないておかなければ

もう駄目(だめ)だというふうに鳴いてる

しぜんと

涙がさそわれる

 

« ★★ちョコッと!!頭の隅にでも2 ・・・ 太陽がてんびん座の時に | トップページ | ★★ちョコッと!!頭の隅にでも2 ・・・ 虹かくれて見えず »

★ヘスティア-の香炉

  • 風了友 カウンセリングHP
    http://homepage2.nifty.com/fuu-ryouyu070428/index.html  下のイラストをクリック↓

フォーチュン・カウンセリング

桜の木ブログパーツ



  • 季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』
無料ブログはココログ